政権に不都合なことは選挙の後に出てくる

衆議院総選挙が10月31日に終わりました。その翌日、政権にとって不都合な、ある文書が決定されました。森友公文書改ざん事件で夫を亡くした赤木雅子さんに関わる文書です。
政権に不都合なことは選挙の後に出てくる。それでいいのでしょうか?
相澤冬樹 2021.11.06
読者限定

配信の登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと記事がメールで配信されます。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2272文字あります。
  • 開示やり直しの文書は選挙翌日に決定された
  • 中立、公正、信頼の行政と言えるのか?
  • 捜査終了に小泉元環境相の結婚報告がかぶさる“偶然”
  • 幸せだったあの頃を思い出す
  • ご遺族の目の前で同じことが言えますか?

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み