取材は愛③人の不幸を取材する

記者の仕事の楽しさについて語る第3弾。楽しいばかりではありません。人の不幸を取材します。なぜでしょう? 「報道の自由」についても考えます。
相澤冬樹 2021.11.14
読者限定

この配信は登録した読者向けですが、登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事がメールで配信されるようになります。

早稲田大学でのオンライン講義を元にしたこの配信。上から目線っぽくて、すみません。学生さんが講師に突っ込む気分でお読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3487文字あります。
  • 人の不幸の取材は避けて通れない
  • 赤木さん夫妻の「不幸」を取材する
  • 実名か匿名か
  • 「報道の自由」の本当の意味は…
  • 「権力の監視」と「報道の使命」
  • 「報道の自由」をはき違えると「みんなの自由」がなくなる

すでに登録された方はこちらからログイン

佐川氏追及へ 赤木雅子さんの告発支えた二人の尽力
有料限定
キョンキョン、ドラマ『新聞記者』降板の真相 初めて明かす
誰でも
その手があったか!赤木雅子さん佐川氏を刑事告発
有料限定
安倍元首相が死の前日に赤木雅子さんと会っていた
有料限定
クズ男に沼る女性たちの痛快劇「もっと超越した所へ。」
有料限定
「もう記者の仕事はいいか」との思いもよぎるが…
有料限定
この賞は本来、赤木さんご夫妻のもの
誰でも
「旧統一教会と関係断て」吉村大阪府知事が大阪維新に指示、代表戦での説明...
有料限定