取材は愛③人の不幸を取材する

記者の仕事の楽しさについて語る第3弾。楽しいばかりではありません。人の不幸を取材します。なぜでしょう? 「報道の自由」についても考えます。
相澤冬樹 2021.11.14
読者限定

この配信は登録した読者向けですが、登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事がメールで配信されるようになります。

早稲田大学でのオンライン講義を元にしたこの配信。上から目線っぽくて、すみません。学生さんが講師に突っ込む気分でお読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3487文字あります。
  • 人の不幸の取材は避けて通れない
  • 赤木さん夫妻の「不幸」を取材する
  • 実名か匿名か
  • 「報道の自由」の本当の意味は…
  • 「権力の監視」と「報道の使命」
  • 「報道の自由」をはき違えると「みんなの自由」がなくなる

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...
サポートメンバー限定
「世界一イカした俺のバンドだったのに…」ストーンズ“忘れられた”リーダ...
サポートメンバー限定
《仰天ニュース》で大注目「赤木ファイル」で闘う赤木雅子さんに強力な“助...
サポートメンバー限定
ゾンビ道路への“怒り”が選挙を制した『映画 ◯月◯日、区長になる女。』...
誰でも
佐川さんへの手紙「財務省はあなたのことを切り捨てていますよ。陰でこっそ...
サポートメンバー限定
安倍政権の闇「森友事件」佐川元国税庁長官は財務省に切り捨てられていた
誰でも
泉はアカン。泉に替えたら?
誰でも
裁判に負けても『一番気の毒なのは佐川さん』