取材は愛③人の不幸を取材する

記者の仕事の楽しさについて語る第3弾。楽しいばかりではありません。人の不幸を取材します。なぜでしょう? 「報道の自由」についても考えます。
相澤冬樹 2021.11.14
読者限定

この配信は登録した読者向けですが、登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事がメールで配信されるようになります。

早稲田大学でのオンライン講義を元にしたこの配信。上から目線っぽくて、すみません。学生さんが講師に突っ込む気分でお読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3487文字あります。
  • 人の不幸の取材は避けて通れない
  • 赤木さん夫妻の「不幸」を取材する
  • 実名か匿名か
  • 「報道の自由」の本当の意味は…
  • 「権力の監視」と「報道の使命」
  • 「報道の自由」をはき違えると「みんなの自由」がなくなる

すでに登録された方はこちらからログイン

ギターの求道者ジェフ・ベックは常に進化し続けた
誰でも
“明石の暴れん坊”本音トークの最後は「あっち向いてホイ」で決着
有料限定
“明石の暴れん坊”泉市長が 政治家めざす若者に贈る「選挙必勝法」
有料限定
ウエロクに呑みにおいでよ。
有料限定
佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた
有料限定
全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く
有料限定
ミャンマー拘束の映像作家が現地映像初公開へ
有料限定
全面敗訴の赤木雅子さんがサバサバしていた理由
有料限定