「獄中のひまわり」刑務所で無実訴える元俳優の絵画展

自宅に放火し内縁関係の女性を殺害したとして服役しているが、一貫して無実を訴えている元俳優の男性が、刑務所で描き続けている絵を紹介する「獄中のひまわり」展が、刑務所のある徳島市であす13日から2日間開かれる。
相澤冬樹 2023.05.12
サポートメンバー限定

この記事はサポートメンバー(従来の有料読者)向けです。下記のマークをクリックし、サポートメンバーにご登録いただくと記事を読むことができます。過去のサポートメンバー限定記事もすべてさかのぼって見られます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1069文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み