「世界一イカした俺のバンドだったのに…」ストーンズ“忘れられた”リーダーの悲劇

ストーンズといえばミックとキース。だがバンドを成功に導いたのは創設者のブライアン。若くして謎の死を遂げ“忘れられた”存在となった彼の人生を描く映画『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』。ファン歴半世紀近い心情を込め記事を綴った。
相澤冬樹 2024.01.28
サポートメンバー限定

この記事はサポートメンバー(有料読者)向けに配信します。下記のマークをクリックしサポートメンバーにご登録いただくと読むことができます。 どうぞよろしくお願いいたします。

ローリング・ストーンズ初期メンバーの5人。右端が創設者のブライアン・ジョーンズ © Chip Baker Films

ローリング・ストーンズ初期メンバーの5人。右端が創設者のブライアン・ジョーンズ © Chip Baker Films

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4926文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み