「世界一イカした俺のバンドだったのに…」ストーンズ“忘れられた”リーダーの悲劇

ストーンズといえばミックとキース。だがバンドを成功に導いたのは創設者のブライアン。若くして謎の死を遂げ“忘れられた”存在となった彼の人生を描く映画『Rolling Stone ブライアン・ジョーンズの生と死』。ファン歴半世紀近い心情を込め記事を綴った。
相澤冬樹 2024.01.28
サポートメンバー限定

この記事はサポートメンバー(有料読者)向けに配信します。下記のマークをクリックしサポートメンバーにご登録いただくと読むことができます。 どうぞよろしくお願いいたします。

ローリング・ストーンズ初期メンバーの5人。右端が創設者のブライアン・ジョーンズ © Chip Baker Films

ローリング・ストーンズ初期メンバーの5人。右端が創設者のブライアン・ジョーンズ © Chip Baker Films

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4926文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...
サポートメンバー限定
《仰天ニュース》で大注目「赤木ファイル」で闘う赤木雅子さんに強力な“助...
サポートメンバー限定
ゾンビ道路への“怒り”が選挙を制した『映画 ◯月◯日、区長になる女。』...
誰でも
佐川さんへの手紙「財務省はあなたのことを切り捨てていますよ。陰でこっそ...
サポートメンバー限定
安倍政権の闇「森友事件」佐川元国税庁長官は財務省に切り捨てられていた
誰でも
泉はアカン。泉に替えたら?
誰でも
裁判に負けても『一番気の毒なのは佐川さん』
サポートメンバー限定
田中眞紀子さん「お嫁に行けなくなっちゃう!」