「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」森友事件の漫画 最終話は震災被災地

週刊ビッグコミックスピリッツの連載漫画「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」が最終話を迎えた。財務省の公文書改ざん事件で命を絶った近畿財務局職員の妻、赤木雅子さんが主人公のモデル。最終話は東日本大震災の被災地が舞台だ。その背景を明かす。
相澤冬樹 2023.10.21
誰でも
がんばりょんかぁ、マサコちゃん最終話の表紙

がんばりょんかぁ、マサコちゃん最終話の表紙

安倍元首相らしき人物も登場

小学館の週刊ビッグコミックスピリッツで連載されてきた漫画「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」が最終話を迎えました。森友学園への国有地値引きを巡る財務省の公文書改ざん事件を背景に、命を絶った近畿財務局職員、赤木俊夫さんの妻、雅子さんが主人公のモデルです。作品はフィクションで実在の人物や団体とは関係ありませんとしつつ、断り書きには「実在する人々の切なる想い、祈りには大きく関係しています」とあります。これまで安倍元首相、麻生元財務大臣、佐川宣寿元財務省理財局長など、事件の渦中にいた人々を思わせる人物も仮名で登場してきました。

これは第6話に登場する一コマ。こういうこと言った方がいましたね

これは第6話に登場する一コマ。こういうこと言った方がいましたね

東日本大震災の被災地に駆けつけたトシオさん

最終話では、2011年の東日本大震災の直後、トシオさんが被災地の支援に駆けつけていたことをマサコさんが思い出し、現場の町役場を訪ねます。そこにはトシオさんの執務中の写真が残っていました。マサコさんは町長に話を聞き、トシオさんの仕事ぶりが地元で感謝されていたことを知ります。

最終話でマサコさんが町役場で町長と面会するシーン

最終話でマサコさんが町役場で町長と面会するシーン

「一番辛いのは…忘れられてしまうこと」

続いてマサコさんは、津波で大きな被害を受けた海岸で、中学生の息子を亡くした経験を語り部として語り続けている女性と出会います。マサコさんは尋ねました。

「息子さんのことを語り続けるのって悲しいことを思い出して辛くありませんか?」

夫を亡くしたマサコさん自身、夫のことで裁判を続けていると悲しみを呼び起こされていたからです。すると女性は、

「辛いこともありますけどね…一番辛いのは…忘れられてしまうことなんです。だから忘れられないためにには、語り続けるしかないですもんね…」

最終話。津波で息子を亡くした女性の言葉

最終話。津波で息子を亡くした女性の言葉

「これからも一緒に生きていこう」

女性は、翌日再びこの海岸に来るようマサコさんを誘いました。翌日は3月11日、東日本大震災から10年となる日。毎年この海岸に大勢の人が集まり、鳩型の風船に亡き人へのメッセージを書いて空に飛ばします。マサコさんが書いた言葉は、

トシくんへ「これからも一緒に生きていこう」マサコ』。

黙とうの後、一斉に宙に放ちました。空を舞う鳩風船をじっと見上げるマサコさん。漫画家、魚戸おさむさん渾身の絵が見開きページに広がります。

最終話。トシくんへのメッセージが空を舞う

最終話。トシくんへのメッセージが空を舞う

最終話はほぼ実話に基づく

このシーン、実はほとんど実話そのものです。2年前の2021年3月9日、赤木雅子さんは東日本大震災で夫の俊夫さんが支援に駆け付けた宮城県七ヶ浜町を訪れました。

七ヶ浜町の寺澤薫町長と面談する赤木雅子さん(2021年3月9日)

七ヶ浜町の寺澤薫町長と面談する赤木雅子さん(2021年3月9日)

役場では寺澤薫町長が出迎え、俊夫さんの執務中の写真を見せながら当時の状況を説明してくれました。

東日本大震災後、被災者の話を聞く赤木俊夫さん。腕には近畿財務局の腕章が(七ヶ浜町役場提供)

東日本大震災後、被災者の話を聞く赤木俊夫さん。腕には近畿財務局の腕章が(七ヶ浜町役場提供)

七ヶ浜町に支援に向かったことを示す赤木俊夫さんの手帳のメモ

七ヶ浜町に支援に向かったことを示す赤木俊夫さんの手帳のメモ

次の日、雅子さんは宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区を訪れ、知人の紹介で語り部の丹野祐子さんと話をしました。その時の会話はほぼ漫画で描かれている通りです。

丹野祐子さんと話をする赤木雅子さん(2021年3月10日)

丹野祐子さんと話をする赤木雅子さん(2021年3月10日)

震災10年となる3・11の日も閖上を訪れ、一緒に鳩風船を飛ばしました。風船の上面に書いた言葉は、

『赤木俊夫様 としくんへ 元気にしてますか? 閖上の皆さんと仲良く鳩ふうせんを読んでください 何年たっても大好きだよ

鳩風船にメッセージを書く赤木雅子さん

鳩風船にメッセージを書く赤木雅子さん

さらに下面には、下の画像のように漫画とほぼ同じメッセージを書きました。

としくんへ「これからも一緒に生きていこう」雅子

としくんへ「これからも一緒に生きていこう」雅子

閖上で鳩風船を飛ばす赤木雅子さん(2021年3月11日)(画像を一部加工しています)

閖上で鳩風船を飛ばす赤木雅子さん(2021年3月11日)(画像を一部加工しています)

雅子さんの旅が10分余の動画作品に

この旅には、ドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんも同行しました。去年、軍政の弾圧が続くミャンマーで3か月半拘束されたことが大きく報じられましたので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

赤木雅子さんに密着撮影する久保田徹さん(2021年3月9日、七ヶ浜町の菖蒲田浜で)

赤木雅子さんに密着撮影する久保田徹さん(2021年3月9日、七ヶ浜町の菖蒲田浜で)

久保田さんは雅子さんの旅を密着撮影し、10分余りの作品を制作しました。その動画がYahoo!ニュースで公開されています。タイトルは、

「夫のために、真実を知りたい。私にできることは裁判」―「森友学園問題」で夫を亡くした赤木雅子さんの今
赤木雅子さん(右)と久保田徹さん(2021年3月9日、宮城県松島町の国宝瑞巌寺境内で)

赤木雅子さん(右)と久保田徹さん(2021年3月9日、宮城県松島町の国宝瑞巌寺境内で)

週刊文春でも記事

この旅のことは2年前、私も週刊文春で記事にしました。今も文春オンラインで読むことができます。

「何年たっても大好きだよ」森友改ざん事件・赤木俊夫さんの妻が空に放ったメッセージ
旅の終わりの記念撮影。右から赤木雅子さん、筆者、久保田徹さん。左端は途中から撮影に加わったアーティストの今野誠二郎さん

旅の終わりの記念撮影。右から赤木雅子さん、筆者、久保田徹さん。左端は途中から撮影に加わったアーティストの今野誠二郎さん

コミックス最終巻は11月30日頃発売

最終話が掲載された週刊ビッグコミックスピリッツの販売はすでに終わっています。

最終話が掲載された週刊ビッグコミックスピリッツの表紙

最終話が掲載された週刊ビッグコミックスピリッツの表紙

この最終話は1か月後に発売されるコミックス第3集に掲載されています。発売は11月30日頃と告知されていますが、Amazonでは予約の受付が始まっています。

コミックス第3集は11月30日頃発売

コミックス第3集は11月30日頃発売

コミックスには赤木雅子さん自身が読者の皆さまへのメッセージを寄せています。その内容をここで先取りして明かすのは控えておきます。今の思いを率直に記したそうです。

閖上の空を舞う鳩風船(2021年3月11日)

閖上の空を舞う鳩風船(2021年3月11日)

「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」コミックス第1集、第2集は現在発売中です。

***

この記事は誰でも読むことのできる公開記事として配信しています。下記のマークをクリックし、サポートメンバー(月600円)にご登録いただくと他の有料記事も読むことができます。どうぞよろしくお願いいたします。

記事について皆さまのご意見ご感想をお待ちしております。このメールにそのまま返信していただくと私にも届きます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

無料で「相澤冬樹のリアル徒然草」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み