佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた

財務省の公文書改ざん事件の裁判で原告の赤木雅子さん全面敗訴の判決が11月25日に出た。この中で「理財局長だった佐川氏が改ざんの方向を決定づけ組織的に行われたと裁判所が認定した」という趣旨の報道が流れたが、実際には判決は4年前に出た財務省の調査報告書を引用しただけで独自の判断を示さず、事実認定から逃げる姿勢を示した。
相澤冬樹 2022.12.03
サポートメンバー限定
判決前に大阪地裁に向かう赤木雅子さん

判決前に大阪地裁に向かう赤木雅子さん

赤木雅子さんの判決の記事はこれまで2回配信していますが、今回は判決がいかに事実認定から逃げたかに焦点を当てました。

この記事は有料会員向けです。下記のマークをクリックし、サイトから有料会員にご登録いただくと、この記事を読むことができます。さらに過去の有料記事もすべてさかのぼって見ることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1281文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み
サポートメンバー限定
改ざん官僚は謝らない
サポートメンバー限定
もし「推し」が性犯罪者だったら……韓国映画『成功したオタク』から見える...
サポートメンバー限定
エイプリルフールに届いた嬉しい知らせ「財務省は不開示決定を取り消すべき...
サポートメンバー限定
日本に届け! “反骨と反逆の音楽” 『ボンゴマン ジミー・クリフ デジ...
サポートメンバー限定
“70代女子が輝く仕事” シニア女性の新たな働き方
サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...