ミャンマーで拘束された日本人取材者は私たちの誇り

ドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんがミャンマー当局に拘束された。現地の過酷な状況を伝えるために渡航した久保田さんは私たちの誇りだ。彼はどういう人物なのかお伝えし、一刻も早い解放を求めたい。
相澤冬樹 2022.08.02
サポートメンバー限定
神戸市内で撮影取材中の久保田徹さん(撮影・赤木雅子さん)

神戸市内で撮影取材中の久保田徹さん(撮影・赤木雅子さん)

この記事と同趣旨の記事が、近く日刊SPA!に掲載される予定です。その関係でこの記事は有料プランで配信いたします。下記のマークをクリックして月600円の有料プランをお選びいただき、ご登録手続きを進めると記事が全文読めるようになります。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3345文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み