ふざけんな!国との裁判いきなり終了。次なる手は?

財務省の公文書改ざん事件で命を絶った職員の妻、赤木雅子さんの裁判。国はいきなり「認諾」と呼ばれる手続きをとり裁判を終わらせました。賠償は請求通り支払われますが、赤木雅子さんが求めていた上司らの証人尋問は行われず、真相解明にはほど遠い幕引きとなりました。それでも、真実を求める闘いは終わりません。
相澤冬樹 2021.12.16
読者限定

この配信は登録した会員向けですが、登録は無料でできます。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事が無料で読めるようになります。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1750文字あります。
  • いきなりの裁判強制シャットダウン
  • 赤木雅子さんが描いた法廷スケッチのうつむいた顔
  • 真相究明の闘いは終わらない

すでに登録された方はこちらからログイン

ギターの求道者ジェフ・ベックは常に進化し続けた
誰でも
“明石の暴れん坊”本音トークの最後は「あっち向いてホイ」で決着
有料限定
“明石の暴れん坊”泉市長が 政治家めざす若者に贈る「選挙必勝法」
有料限定
ウエロクに呑みにおいでよ。
有料限定
佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた
有料限定
全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く
有料限定
ミャンマー拘束の映像作家が現地映像初公開へ
有料限定
全面敗訴の赤木雅子さんがサバサバしていた理由
有料限定