財務省「見ざる言わざる聞かざる」→裁判所「大事なことは公開で」

裁判冒頭から素敵な方針が示されました。世間の関心が高いからすべて公開で審理しようというのです。財務省の公文書改ざんを巡る赤木雅子さんの情報開示を求める裁判。真実は言わない、資料は出さない、訴えは聞かない。そんな財務省の「見ざる言わざる聞かざる」はもう勘弁して。雅子さんの思いに応えるようでした。最後にマンガ連載の紹介もあります。
相澤冬樹 2022.01.19
読者限定

  この配信は登録した会員向けですが、登録は無料でできます。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事が無料で読めるようになります。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3164文字あります。
  • 審理は基本的に公開で
  • 財務省の「見ざる言わざる聞かざる」に対し提訴
  • 検察はなぜ不起訴に…それも明らかになるかも
  • マンガ連載開始へ「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...
サポートメンバー限定
「世界一イカした俺のバンドだったのに…」ストーンズ“忘れられた”リーダ...
サポートメンバー限定
《仰天ニュース》で大注目「赤木ファイル」で闘う赤木雅子さんに強力な“助...
サポートメンバー限定
ゾンビ道路への“怒り”が選挙を制した『映画 ◯月◯日、区長になる女。』...
誰でも
佐川さんへの手紙「財務省はあなたのことを切り捨てていますよ。陰でこっそ...
サポートメンバー限定
安倍政権の闇「森友事件」佐川元国税庁長官は財務省に切り捨てられていた
誰でも
泉はアカン。泉に替えたら?
誰でも
裁判に負けても『一番気の毒なのは佐川さん』