財務省「見ざる言わざる聞かざる」→裁判所「大事なことは公開で」

裁判冒頭から素敵な方針が示されました。世間の関心が高いからすべて公開で審理しようというのです。財務省の公文書改ざんを巡る赤木雅子さんの情報開示を求める裁判。真実は言わない、資料は出さない、訴えは聞かない。そんな財務省の「見ざる言わざる聞かざる」はもう勘弁して。雅子さんの思いに応えるようでした。最後にマンガ連載の紹介もあります。
相澤冬樹 2022.01.19
読者限定

  この配信は登録した会員向けですが、登録は無料でできます。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事が無料で読めるようになります。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3164文字あります。
  • 審理は基本的に公開で
  • 財務省の「見ざる言わざる聞かざる」に対し提訴
  • 検察はなぜ不起訴に…それも明らかになるかも
  • マンガ連載開始へ「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」

すでに登録された方はこちらからログイン

「獄中のひまわり」刑務所で無実訴える元俳優の絵画展
サポートメンバー
裁判所で「そんなこと言わないでよ!」佐川氏側の要求に叫んだ赤木雅子さん...
サポートメンバー
“東大らしい”と言わせたくない!東京大学野球部、憧れのプロ球団に挑む
サポートメンバー
アベノマスクの価格を隠すな!裁判で国に命令
サポートメンバー
安倍元首相の写真展に見る“ファン”心理
サポートメンバー
安倍昭恵さんに出会ったので元首相回顧録の感想を聞いてみた
サポートメンバー
安倍元首相が自ら認めた!森友土地取引は「深刻な問題」
サポートメンバー
一人の女性と一つのギターを愛し続けた鮎川誠のロック人生
サポートメンバー