「赤字覚悟」を「赤木覚悟」!?大ポカに赤木雅子さんの反応は…

けさ配信した記事に間違いが見つかりました。そのてんまつをお知らせします。
相澤冬樹 2021.10.30
誰でも

けさ30日配信した《「維新、イラン!」“ガチ保守”から揚げ店主の“身を切る”改革》という記事に間違いが見つかりました。「赤字覚悟の“身を切る”改革で投票呼びかけ」という最後の小見出しで、「赤字覚悟」が「赤木覚悟」になっておりました。

ウェブ上で公開している記事はすでに訂正しましたが、メールで配信した記事は訂正ができないので、このような形でお伝えさせていただきます。謹んでお詫びいたします。

普段、財務省公文書改ざん訴訟の原告、赤木雅子さんの記事を書き慣れているとはいえ、とんだ失敗でした。しかも真っ先に間違いを指摘してくれたのが、当の赤木雅子さんです。

「ニュースレター 赤木覚悟になってます!」

その後も、記事の主役の「から揚げや マーちゃん」店主、十倉雅宏さんをはじめ、多くの方々から温かいツッコミをいただきました。まことにありがとうございました。そのツッコミの一つがこれ。

「でも『赤木覚悟』って、悪くないですよね!新たな裁判に向かう赤木雅子さんの気持ちそのままで!!」

新たな裁判というのは、きのう29日に起こした、財務省に情報開示を求めるための裁判を指しています。それに対する赤木雅子さんの答えは…

赤木覚悟足りない時あるので🤣いいと思います♪」

ほかにも、記事の主役、十倉雅宏さんについて赤木雅子さんはこんな感想を述べていました。

雅のつく名前の人に悪い人はいないですよ

…たしかに、雅のつく人は懐深くて、悪い人はいないようです。

***

ほかにも元の記事では、店で働く若者2人について「辻調(辻調理師専門学校)を出とる」と書きましたが、実際には「辻調に通っている」でした。また海外修行を考えているのはこのうち1人でしたので、そこも訂正しました。

訂正後の記事はこちらです。

会員限定の記事ですが、以下のマークから無料で登録すれば読むことができます。

ミスのないように努めてまいります。これからもどうぞよろしくお願い致します。

無料で「相澤冬樹のリアル徒然草」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み
サポートメンバー限定
改ざん官僚は謝らない
サポートメンバー限定
もし「推し」が性犯罪者だったら……韓国映画『成功したオタク』から見える...
サポートメンバー限定
エイプリルフールに届いた嬉しい知らせ「財務省は不開示決定を取り消すべき...
サポートメンバー限定
日本に届け! “反骨と反逆の音楽” 『ボンゴマン ジミー・クリフ デジ...
サポートメンバー限定
“70代女子が輝く仕事” シニア女性の新たな働き方
サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...