ギターの求道者ジェフ・ベックは常に進化し続けた

ジェフ・ベックが亡くなった。世界3大ロックギタリストの一人。常に進化し続けたその演奏を13年前に生で見た経験をご紹介する。
相澤冬樹 2023.01.12
誰でも
ジェフ・ベックの死を報じる記事(スポニチアネックスより)
ジェフ・ベックの死を報じる記事(スポニチアネックスより)

この記事は無料ですが、下記のマークをクリックして、サイトから有料会員にご登録いただくと、有料記事を過去にさかのぼって見ることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

***

ジェフ・ベックと言えば、私と同世代やその前後のロックファンにはおなじみの、世界を代表する3大ロックギタリストの一人だ。あとの2人はエリック・クラプトンとジミー・ペイジ。3人ともイギリスのバンド、ヤードバーズ出身(3大ギタリストという呼び方は日本独特のものらしいが)。ロックの殿堂入りを2度果たし、ローリングストーン誌の「最も偉大なギタリスト100人」では5位にランクインしている。

そのジェフ・ベックが亡くなったという知らせが世界を駆け巡り、けさ12日、日本でも報じられた。細菌性髄膜炎が原因という。

私が中学・高校生だった1970年代後半、ジェフ・ベックは全編インストゥルメンタルの作品で新境地を切り開き、勢いに乗っていた。『Blow by Blow』『Wired』といったアルバムが懐かしい。

それから30年の時がすぎ、2009年2月、ジェフ・ベックはエリック・クラプトンとさいたまスーパーアリーナでステージに立った。今から13年前のこと。3大ギタリストの2人名義での初共演とあって、客席は3~40年ほど前の青年層でぎっしり。そこに私もいた。

クラプトンは相変わらず「昔の名前で出ています」感で、それはそれでいいのだが、ジェフはその上を行った。ソロパートの最後にビートルズの『A Day in the Life』をやったのだが、これが新解釈で圧巻。「ジェフ、この歳(当時64)でまだ進化しているよ!」と感激したことが忘れられない。演奏後に会場全体がスタンディング・オベーション。アンコールが『Peter Gunn Theme』というのも渋い。もちろん『Led Boots』や『Blue Wind』といったおなじみの名曲も披露してくれた。

最後までギター道を究め続けた人生だった。ジェフ、ありがとう。

スポニチアネックスの記事より
スポニチアネックスの記事より
***

これと同趣旨のコメントを、Yahoo!ニュース上のスポニチアネックスの記事に付けています。以下にリンクを貼りますので、よろしければ記事の末尾のコメントもご覧の上、「参考になった」をポチっとしてください。

よろしければ、このニュースレターをお知り合いの方々に転送してください。内容を多くの方に知っていただければと思います。有料会員登録は以下のボタンからできます。

記事について皆さまのご意見ご感想をお待ちしております。このメールにそのまま返信していただくと、私にも届きます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「相澤冬樹のリアル徒然草」をメールで読みませんか?

無料で「相澤冬樹のリアル徒然草」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
“明石の暴れん坊”本音トークの最後は「あっち向いてホイ」で決着
有料限定
“明石の暴れん坊”泉市長が 政治家めざす若者に贈る「選挙必勝法」
有料限定
ウエロクに呑みにおいでよ。
有料限定
佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた
有料限定
全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く
有料限定
ミャンマー拘束の映像作家が現地映像初公開へ
有料限定
全面敗訴の赤木雅子さんがサバサバしていた理由
有料限定
拘束のミャンマーから帰国 久保田くんに寄せられた温かなメッセージ
有料限定