全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く

財務省の公文書改ざん事件で夫が命を絶った赤木雅子さんは、佐川宣寿元理財局長を訴えた裁判で一審全面敗訴した後ただちに控訴を決意。ドラマを超える劇的人生は続く。
相澤冬樹 2022.12.02
サポートメンバー限定
判決後、赤木雅子さんは報道陣に控訴を明言した

判決後、赤木雅子さんは報道陣に控訴を明言した

赤木雅子さんの一審敗訴の記事は判決翌日の11月26日にも配信していますが、その時はTBS『報道特集』の金平茂紀さんとの関わりに焦点を当てました。今回は判決自体の分析と判決後の雅子さんの思いや様子を描きました。

この記事は有料会員向けです。下記のマークをクリックし、サイトから有料会員にご登録いただくと、この記事を読むことができます。さらに過去の有料記事もすべてさかのぼって見ることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2781文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み