佐川氏追及へ 赤木雅子さんの告発支えた二人の尽力

財務省の公文書改ざんで夫を亡くした赤木雅子さんが佐川宣寿元理財局長らの告発状を検察に提出。実現の陰には元代議士と重鎮弁護士の尽力があった。局面打開の秘策に込めた雅子さんの“誓いの涙”と告発の裏舞台で展開した物語を紹介する。
相澤冬樹 2022.09.22
サポートメンバー限定

この記事は有料会員向けです。下記のマークをクリックし、サイトから有料会員にご登録いただくと、この記事を含め月3本ほどの有料記事を過去の分まで見ることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

***

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3129文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み