人生いろいろ、出会いもいろいろ。赤木雅子さん

財務省の公文書改ざんを巡る裁判で、国と闘う赤木雅子さん。かつて怖い思いをした実家への“侵入者”と和解し、その人の集会で話をすることに。続いて訪れた豪雨の被災地では、国に見捨てられたと感じる住民たちに、“なかったこと”にされてきた亡き夫や自分のことが重なりました。そんな時、雅子さんを「活動家」呼ばわりする悪意あるコメントが。落ち込む時もありますが「人生いろいろあるわ」と前を向きます。
相澤冬樹 2021.10.10
読者限定

記事の配信登録は無料です。下記からご登録いただくとメールで配信されます。

人生いろいろ」と歌ったのは島倉千代子さん。赤木雅子さんの、いろいろ“咲き乱れる”不思議な出会いをご紹介します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3500文字あります。
  • 侵入者の名は
  • また一つハードルを越えた
  • 先輩・後輩、人生いろいろ
  • 見捨てられた被災地
  • 見捨てられないためにできること
  • 攻撃の刃に落ち込むが「人生いろいろだわ」

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み