還暦同窓会と僕の“ラ・サール讃歌”〈後編〉

母校ラ・サール学園への複雑な思いを綴る記事の後編。桜島夜間行軍と開聞岳登山のエピソードを通し、恵まれた境遇を当たり前に受け止めてきた自らの歴史を見つめ“人生の原点”を思い起こした。
相澤冬樹 2023.11.13
サポートメンバー限定

この記事はけさ送った前編に続く後編です。まずサポートメンバー(有料読者)の皆さまに先行配信します。下記のマークをクリックしサポートメンバーにご登録いただくと記事を読むことができます。近日中に誰でも読める公開記事として改めて配信する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

遅刻間際に駆け込むラ・サール生たち。42年前の卒業アルバムより

遅刻間際に駆け込むラ・サール生たち。42年前の卒業アルバムより

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4411文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
大ブレイク直前にバンドから“切られた”男……映画『ザ・ビートルズの軌跡...
サポートメンバー限定
安倍昭恵さんも応援、映画『おまえの親になったるで』…出所者を引き受ける...
サポートメンバー限定
小池都知事「ミニスカにギプス」で衆院初当選
サポートメンバー限定
性暴行で逮捕“関西検察のエース”は森友事件全員不起訴時の検事正だった
サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視