もし「推し」が性犯罪者だったら……韓国映画『成功したオタク』から見える日本の「なあなあ」社会

大好きな芸能人は実は性犯罪者だった!そんな事実を突き付けられた韓国のファンたちが率直な思いを吐露した映画『成功したオタク』が日本でも公開され話題だ。日本でも芸能界の性加害が様々に告発されているが、そこからは何でも「なあなあ」で済ませてしまう日本社会の有り様が見えてくる。
相澤冬樹 2024.04.07
サポートメンバー限定

この記事はサポートメンバー(有料読者)向けに配信します。下記のマークをクリックしサポートメンバーにご登録いただくと読むことができます。 どうぞよろしくお願いいたします。

日本での公開初日、上映館でのオ・セヨン監督

日本での公開初日、上映館でのオ・セヨン監督

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2568文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み
サポートメンバー限定
改ざん官僚は謝らない
サポートメンバー限定
エイプリルフールに届いた嬉しい知らせ「財務省は不開示決定を取り消すべき...
サポートメンバー限定
日本に届け! “反骨と反逆の音楽” 『ボンゴマン ジミー・クリフ デジ...
サポートメンバー限定
“70代女子が輝く仕事” シニア女性の新たな働き方
サポートメンバー限定
みんなちがって、みんないい……映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハ...
サポートメンバー限定
「世界一イカした俺のバンドだったのに…」ストーンズ“忘れられた”リーダ...