拘束のミャンマーから帰国 久保田くんに寄せられた温かなメッセージ

ミャンマーで拘束されていたドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんが3か月半ぶりに解放された。帰国した彼を待っていたのは仲間たちが募った100人余りからの応援メッセージだった。見知らぬ人からも寄せられた心温まる声の数々をご紹介する。
相澤冬樹 2022.11.19
有料限定
帰国直後、仲間たちに迎えられる久保田徹くん(羽田空港11月18日午前6時24分)
帰国直後、仲間たちに迎えられる久保田徹くん(羽田空港11月18日午前6時24分)

この記事は有料会員向けです。下記のマークをクリックし、サイトから有料会員にご登録いただくと、この記事を読むことができます。さらに過去の有料記事もすべてさかのぼって見ることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事は有料読者限定です

続きは、5280文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた
有料限定
全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く
有料限定
ミャンマー拘束の映像作家が現地映像初公開へ
有料限定
全面敗訴の赤木雅子さんがサバサバしていた理由
有料限定
佐川氏追及へ 赤木雅子さんの告発支えた二人の尽力
有料限定
キョンキョン、ドラマ『新聞記者』降板の真相 初めて明かす
誰でも
その手があったか!赤木雅子さん佐川氏を刑事告発
有料限定
安倍元首相が死の前日に赤木雅子さんと会っていた
有料限定