取材は愛①死の直前に遺した告発

取材は愛。これは私が著書にサインする際に添える自分の信念です。このタイトルで、記者の仕事や取材の楽しさについて今年4月、早稲田大学の学生さん向けにオンライン講義を行いました。その講義録の末尾に載せるコラムを、きのう10日、このニュースレターで配信したところ、講義録自体についても配信を希望するご意見が寄せられました。そこで一部を加筆修正し、長いのでテーマごとに4回に分けて配信します。
相澤冬樹 2021.11.11
読者限定

この配信は登録した読者向けですが、登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事がメールで配信されるようになります。

それでは、実際の講義の流れに沿って自己紹介から始めます。大学生になった気分でお読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3459文字あります。
  • 安倍昭恵さんの名前を消すために
  • 死の直前に書き残した告発の「手記」
  • 夫が命を絶った場所で今も暮らす
  • 自死に使ったコードの扱いで大学側と議論

すでに登録された方はこちらからログイン

ギターの求道者ジェフ・ベックは常に進化し続けた
誰でも
“明石の暴れん坊”本音トークの最後は「あっち向いてホイ」で決着
有料限定
“明石の暴れん坊”泉市長が 政治家めざす若者に贈る「選挙必勝法」
有料限定
ウエロクに呑みにおいでよ。
有料限定
佐川氏の改ざんへの関与について判決は独自の判断から逃げた
有料限定
全面敗訴でもドラマを超える劇的人生は続く
有料限定
ミャンマー拘束の映像作家が現地映像初公開へ
有料限定
全面敗訴の赤木雅子さんがサバサバしていた理由
有料限定