取材は愛①死の直前に遺した告発

取材は愛。これは私が著書にサインする際に添える自分の信念です。このタイトルで、記者の仕事や取材の楽しさについて今年4月、早稲田大学の学生さん向けにオンライン講義を行いました。その講義録の末尾に載せるコラムを、きのう10日、このニュースレターで配信したところ、講義録自体についても配信を希望するご意見が寄せられました。そこで一部を加筆修正し、長いのでテーマごとに4回に分けて配信します。
相澤冬樹 2021.11.11
読者限定

この配信は登録した読者向けですが、登録は無料です。下記のマークをクリックしてご登録いただくと、記事がメールで配信されるようになります。

それでは、実際の講義の流れに沿って自己紹介から始めます。大学生になった気分でお読みください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3459文字あります。
  • 安倍昭恵さんの名前を消すために
  • 死の直前に書き残した告発の「手記」
  • 夫が命を絶った場所で今も暮らす
  • 自死に使ったコードの扱いで大学側と議論

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
戦没者の最大の慰霊は戦争を起こさせないこと……映画『骨を掘る男』
サポートメンバー限定
「維新の終わりの始まり」元明石市長 泉房穂氏が語る
サポートメンバー限定
愛されたが愛し方がよくわからなかった大スター「プリンス」が映画に
サポートメンバー限定
財務省が“違法”裁決 「不開示取り消すべき」の審査会答申を無視
サポートメンバー限定
特ダネ新人記者だった朝日新聞新社長に期待する「人は石垣 人は城」
サポートメンバー限定
政治はみんなに見えるところで決めよう……『#つぶやき市長と議会のオキテ...
サポートメンバー限定
三角関係が生んだ“夢の競演”…『ジョン・レノン 失われた週末』
サポートメンバー限定
無実を訴えながら死刑……映画『正義の行方』の凄み